*

山と鉾の違いが分かりますか?祇園祭後祭ツアー開催しました!

公開日: : ガイドツアー

スポンサーリンク

巨大で美しい山鉾が登場する祇園祭。本日(2017年7月23日)は、後祭(あとまつり)のガイドツアーを開催しました。

スポンサーリンク

 

こんにちは。ことぶら田中です。

 

ことぶら祇園祭ツアーシリーズの最終日は、午前の部と午後の部の二部構成でした。午前はじっくり山鉾巡り。

 

午後は祇園祭限定スイーツ付きの山鉾巡りでした。

 

ガイドをして下さったのは、京都アーバンホテル勤務の井出暁(いであきら)さん。京都検定1級ホルダーです。

 

午前の部のツアーは急きょ増設したツアーだったので、7名様の少人数でのんびり巡りました。10基ある山鉾を全て見ることができました。

 

午後の部は祇園祭限定スイーツ付きということで、24名様の大所帯。このようなお菓子や。

 

1日40食限定で、幻といわれる黒主山の食べれる粽(ちまき)などを楽しみました。

 

1つずつ紹介しようと思いましたが、いつもながら大量なので、ブログ記事では割愛します。

 

それにしても、人数分のスイーツは重かったです。ソフトバンクの孫正義さんが仕事論として「脳がちぎれるほど考えろ」と仰っていますが、今日の仕事は「手がちぎれるほど重かった」です。

 

それはそうと、井出さんのガイドは今日もユニークでした。

 

鯉山(こいやま)のタペストリーの解説のために、縮小版タペストリーを用意し。

 

井出さん作の「山」を作りながら解説してくださったのです。作った山は左甚五郎(ひだりじんごろう)作といわれる鯉の彫刻が特徴の鯉山(こいやま)。

 

見事、井出流の鯉山が完成です。

めでたしめでたしですね。

 

ところで、あなたは祇園祭の山鉾が何のために出るのかご存知でしょうか?実は山鉾は祇園祭のメインではありません。八坂神社から出てくる御神輿がメインなのです。その御神輿で神様をお迎えするために、山鉾を巡行させて、街の厄災を取り払うことが山鉾が出る理由です。

 

京の街は、日ごろから厄災がウヨウヨしています。たとえば今日だけでも、厄災を招きそうな謎の男がウロウロしていたり。

※ことぶらでもお馴染みのプロガイド吉村晋弥さんです。

 

妖怪が出没したりするのです。

※妖怪堂の葛城トオルさんです。

 

この悪者たちが山鉾巡行でキレイになるかは分かりませんが、とにかく、山鉾巡行で神様が来られるところをキレイにするのが目的です。

 

ちなみに、さきほどから山鉾と書いていますが、あなたは山と鉾の違いをご存知でしょうか?分からないという人のために、ツアーに参加してしっかりと理解した常連さんにレクチャーしてもらいましょう。

 

でも、ブログの写真で伝えるためには、ジェスチャーで教えてもらうしかありません。そこで「山鉾を体で表現して下さい」という指令を出しました。常連の辻さんによる山鉾。まずは「山」をご覧ください。

 

続きまして、「鉾」をご覧ください。

お分かりいただけましたでしょうか?

 

え?

 

全然分からないですって?

 

承知しました。

やはりここはプロに聞きましょう。

 

今回のガイドの井出さんにもやってもらいました。

まずは「山」です。

 

続きまして「鉾」です。

プロでもこんなもんですよ。

 

その姿を見て笑うのはこの人。

 

ことぶら添乗員の天谷さんです。

 

先日は添乗員なのにツアー団体からはぐれた「はぐれ者」です。

 

では、天谷さんに「鉾」をやってもらいましょう。

 

この後、かなり寒いポーズになったので、ご本人の名誉のためにカットします。

 

なかなか伝わりそうな写真が取れないと嘆いていたところに真打登場です。常連の湯浅さん。参加すると必ず雨を降らすという神がかり的な能力の持ち主なので、彼なら分かりやすい山鉾を体現してくれるかと思います。

 

ではまず「山」です。

 

続きまして「鉾」です。

そう思って見ていると、だんだん湯浅さんが「鉾」に見えてきました。

 

でも、鉾は遠くから見ても凛々しい存在感を放っていますよね?離れてみました。

鉾っぽい佇まいです。

 

もっと離れてみました。

ただの変な人に見えました。

 

 

と、いうことで、山鉾の違いはゴメンナサイ。参加者特権とさせていただきますね。

 

今年のことぶら祇園祭シリーズは、全11コースで延べ195名様がご参加くださいました。今年も全国各地からご参加いただきまして、皆さんと一緒に思い出深い祇園祭となりました。今年のツアーにご参加いただいた皆様、ガイドの皆様、添乗員の皆様、色々ご協力いただいた各山鉾町の皆様、ありがとうございました!

 

次回のツアーから平常のユニークツアーに戻ります。ぜひ、楽しいひと時を過しに遊びに来てくださいね!引き続きお待ちしております。

スポンサーリンク

祇園辻利の「宇治茶と抹茶スイーツ」でホッコリ休憩しませんか?



京都祇園に本店を構える「祇園辻利」。抹茶好きなら知らない人はいない、京都でも老舗の宇治茶専門店です。

自宅にいながら老舗の味を楽しめる【祇園辻利・茶寮都路里オンラインショップ】 をご紹介します。

《他では味わえないおすすめポイント》
・最高の宇治茶をお届けする職人技
・1時間にわずか40グラムの奇跡!最高品質の抹茶をお届けするための独自製法
・名だたるパティシエが羨むほどに素材に応じた使い分けができる繊細な風味の差異をもつ抹茶を持っており、抹茶好きにはたまらない“質の高い”スイーツを提供

メディアで紹介された人気の抹茶スイーツ「Petitパフェ」や、抹茶スイーツの先駆者で行列が絶えない「宇治抹茶ロール」などをはじめ、人気NO.1の抹茶菓子「つじりの里・ぎおんの里」など、おすすめ盛沢山です。

他にもクリスマス、バレンタイン、母の日、敬老の日など、シーズナルで登場する限定商品にも注目ください♪


関連記事

祇園祭後祭ガイドツアー開催!前夜はユーストリームことぶらチャンネル放送!

とうとうブログの投稿が追い付かなくなりました。と言うのも、毎日ガイドツアーを開催しているので、その日

記事を読む

東山区の浄土宗総本山知恩院 除夜の鐘試し撞きを見学ツアー開催!年内最後のツアーでした!

一昨日(2015年12月27日)は、ことぶらの年内最後のガイドツアーという事で、東山区に有る浄土宗の

記事を読む

伏見稲荷を丸ごとガイド。ダブルヘッダーで開催しました!

ゴールデンウィークで賑わう伏見稲荷大社。小雨で過ごしやすかった昨日(2015年5月4日)、午前の部と

記事を読む

お客様は神様?たった3名しか集まらなかった京都カフェ巡りツアー

※冗談が通じる人だけお読みください。   突然ですが、「お客様は神様です」とい

記事を読む

寺町通をコンプリートするガイドツアー開催!午前と午後のダブルヘッダー!

先日(2015年12月13日)は一日で寺町通を端から端まで歩くガイドツアーを開催しました。深酒により

記事を読む

大雨の中の伏見稲荷ガイドツアー!空いてると見せかけて大混雑

こんにちは。ことぶら田中です。   今日(2016年9月18日)は伏見

記事を読む

祇園祭ツアーダイジェスト 7月12日から7月14日のレポート

7月某日、京都の某所にて。この人と打ち合わせをしておりました。   そ

記事を読む

京都ガイドダブルヘッダー!本法寺・妙蓮寺ツアーと夕暮れの祇園散策ツアー開催!

今回の投稿も長くなるかも知れません。 前回の投稿は過去最高クラスに長くなりました。ダブルヘッダ

記事を読む

職人技の見学と西陣散歩!TVパーソナリティーが案内するガイドツアーを開催しました!

先日(2014年9月27日)、テレビパーソナリティーの稲野一美さんが案内する西陣界隈の散策ツアーを開

記事を読む

【京都土曜サスペンス】ヒゲツアーと伏見稲荷ツアーに犯人が潜伏!?

とある偉人の銅像前でヒゲの写真を確認する人たち。   何をしているかと

記事を読む

【激アツ】ゴール間近!10年目で初の三十三間堂へゴールできたのか?その結果をご覧ください

※冗談が通じる人だけお読みください。   昨日(

日経新聞朝刊でルーレットツアーが紹介されました!

今朝(2024年3月10日)の日経新聞朝刊で、ことぶらルーレットツアー

京都マラソンの日にルーレットツアー開催!ゴールまで後ちょっと!

※冗談が通じる人だけお読みください。   昨日(

no image
保護中: 非公開の投稿(ゼロフリ)

この度はお申込ありがとうございます。このサイトはゼロからフリーランスの

no image
保護中: (非公開投稿)

こんにちは。ホームページ作成マニュアルにて、動画解説をしております田中

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

PAGE TOP ↑