*

たった140円で琵琶湖一周鉄道の旅!大回りの旅で一人旅してきました

スポンサーリンク



以前書いていた他のブログで紹介した「140円で琵琶湖一周鉄道の旅」。昨日(2015年8月27日)久しぶりに一人で行って来ました。

スポンサーリンク

 

え?

 

140円でそんな事が出来るの?

 

と思った人は最後まで読んでください。

 

 

先ず我が家から最寄り駅のJR六地蔵駅。その隣に木幡駅(こはたえき)という駅が有ります。今回は木幡駅からスタートし、六地蔵駅を目指します。

IMG_7774

 

と書くと、「言ってる事が分からん!六地蔵駅は木幡駅の隣の駅やから、目指すも何も一駅電車に乗るだけやろ!」と思われた貴方。

 

違います。

 

先ずは木幡駅で。

IMG_7771

 

六地蔵駅までのひと区間分の切符を買って。

IMG_7770

 

六地蔵駅には向かわずに逆走するのです。

どういう事かはこのままお読み頂ければ分かります。

sitahe

 

 

11時50分すぎに電車がやってきたのでいよいよ旅のスタートです。

IMG_7772

 

木幡は普通しか止まらないので、宇治駅で快速に乗り換えました。

uji

 

降りた駅は木津(きづ)駅。

kizu

 

ここで2回目の乗り換えです。

IMG_7775

 

乗り換えて一駅の所に有る加茂駅(かもえき)。

kamo

ここでまた3回目の乗り換えがあります。

IMG_7776

時刻は13時05分。

IMG_7777

 

次の電車は13時42分発という事で、30分以上の待ち時間。ローカルな駅ですから仕方ありません。

IMG_7780

 

 

 

せっかく30分以上の待ち時間が有るのですがから、その間になぜこんな一人旅に出かけたのかを皆さんに説明したいと思います。

実は今回の目的は旅では無く、一人会議だったのです。

僕はほとんど自宅で引きこもって仕事をしているため、集中して考え事をしたい時なんかはふらっとどこかへ出かけるのです。庭園を見ながら考え事をしたり、仏像の前で考え事をしたり。

 

今回はそれを電車でしようと思って出かけました。今後のビジネスプランやライフプランを一人で会議しながら旅していたのです。もちろん会議ですから手帳を持って、忘れないように備忘録を書きながら電車に揺られてました。いや、会議ですから議事録と言っておきましょう。

まとまった時間を強制的に取った事も有って、一人会議だけでなく、たっぷりと読書も出来ました。毎日している勉強もはかどりました。

 

という理由で出かけたので、もし一人で会議をしたい人や、誰かと少人数でアイデア会議をしたい人は、こんな方法もおすすめです。なにせ140円ですから。

 

さて、皆さんに説明が終わった所で電車がやってきました。たった一両編成の可愛い電車。ローカル色丸出しでテンション上がります。

 

IMG_7782

 

自然豊かな単線を進み、到着したのが三重県の柘植駅(つげえき)。

IMG_7783

 

ここで4回目の乗り換えです。

tuge

 

今度は滋賀県の草津に向かって、これまたローカル色の強い電車がやってきました。

IMG_7785

 

車窓からの景色も自然豊かです。

IMG_7786

 

この電車に乗り、持参したおにぎりを食べたら、会議中にも関わらず不覚にも爆睡してしまいました。

ローカルな景色と、ホップしてるやん!と思う程ゆれる電車が心地よく。つい居眠りをしたのです。

いや~、それにしても久々にあんなに怖い夢を見ました。

 

どんな夢かというと、僕が大富豪になって自分用の大奥を作るのです。そして100人の若い妻をめとるのですが、夢は30年後まで進みまして、100人のオバタリアンの妻たちに囲まれ、毎日口うるさく言われ、口答えしたら100人からリンチされるのです。一番屈強そうな妻にキックされた瞬間に目が覚め「まもなく草津です」とのアナウンスが聞こえました。

やっぱり一夫多妻制はよくないなぁと思いながら草津駅に到着です。

kusatu

 

脂汗をかきながら5回目の乗り換え。今度は長浜行きの電車にのります。

IMG_7788

 

車窓からは美しい近江富士(三上山)が見え、寝ぼけ眼な僕をしっかりと起こしてくれました。

IMG_7791

 

で、長浜駅に到着。

IMG_7793

 

ここで6回目の乗り換えです。

nagahama

 

前の席に座っていた老夫婦が、「あ!しらさぎや!連結部分や!」って仰ってたので、テツではない僕にはなんかよう分からんけど、とりあえず「ホンマですね!」と言って写真に撮っておきました。

IMG_7794

 

長浜で乗り換えて、今度は近江塩津(おうみしおづ)に向かいます。途中に車窓から見える余呉湖(よごこ)が綺麗でした。

IMG_7799

 

近江塩津で7回目の乗り換え。

siozu

 

 

 

都会の喧騒から離れて、澄んだ風が心地よかったです。

IMG_7805

 

そして、何と!ここでは電車が1時間に1本だけ。運よくすぐ来ましたけどね。

IMG_7803

 

それにしても近江塩津駅は長い!下の写真の遠くにかすかに写っている電車の辺りまでホームがあります。電車は2両編成なのに。

IMG_7810

 

ちなみに時刻は17時。このあと今度は近江今津駅(おうみいまづえき)へ。

imazu

ここで本日8回目の乗り換えです。

IMG_7811

ここから乗る湖西線(こせいせん)は琵琶湖の景色を楽しみながら乗る事が出来ます。昨日は晴天でとてもクリアに見えました。

IMG_7814

そして京都駅に到着です。

kyouto

京都駅に着く頃は暗くなっていて月が見えてました。

IMG_7817

京都駅で9回目の乗り換えをして六地蔵駅へ。

IMG_7774 - コピー

 

到着したのは19時20分。

IMG_7819

改札を出る時は駅員さんに「大回りです」と言って出ました。

スタートが11時50分、ゴールが19時20分という事で、実に7時間30分の旅でした。1駅移動に7時間30分。途中改札からは出れませんので、おにぎりやお弁当の持参をおすすめします。

 

ちなみに、大回りではなく普通に乗車した場合、7時間30分でどこまでいけるのでしょうか?調べてみたところ、青森まで6時間35分。函館で8時間35分ですので、その間くらいまで行ける様です。

 

でも、140円でこれだけ充実した旅が出来るので是非一度試してみて下さいね!一人会議におすすめです!

さ、のど乾いたのでお茶でも買って帰ろ。

 

IMG_7818

あ、160円。


スポンサーリンク

関連記事

京都市山科区にロンドン仕込みのカリスマ美容師がいるとの事で訪ねてみました

京都市山科区にロンドン仕込みのカリスマ美容師がいると言う噂を聞きつけ、噂の真相を確かめるべく行って来

記事を読む

実は「ことぶら」には秘密の裏組織が有ります。京都観光以外の秘密組織とは?

(最初に言っておきますが、今日のブログはいつも以上に中身が有りません。シャレの通じる方だけ読んでくだ

記事を読む

祇園祭後祭の山鉾巡行を見学!今日はプライベートです!

昨日のブログを読まれた方はこの鰻がなにかお分かりでしょう。連日の祇園祭ツアーが終了して自分へのご褒美

記事を読む

ヘルニア王子に書斎を取られました

普段ことぶらで京都観光のツアーを毎週のように開催しているので、僕は常に外に出ているというイメージで見

記事を読む

梅小路公園で蒸気機関車館、京都水族館を堪能!久々の休日でした。

ここ最近、丸一日お休みを頂く事はほとんど無く、だんだん年中無休状態になってきております。 せっ

記事を読む

参加者さんからの贈り物

こんにちは。ことぶら田中です。   昨日嬉しい事が有りました。 昨年末に、関西で放

記事を読む

どうしても美味しいラーメンが食べたくなったので、3時間かけて作ってみました!

土日は京都観光ガイドの「ことぶら」で、皆さんと一緒に観光地で楽しい時間を過ごさせて頂いている僕ですが

記事を読む

関西系ことぶらファン!これだから関西人は!参加者さんとのフェイスブックでの遊び。

突然ですがクイズです。 この写真は京都の名所の写真を部分的に黄色く加工しているのですが、一体ど

記事を読む

京都を満喫!途中で読むのを辞めても良い、わたくしの1週間の日記

こんにちは。ことぶら田中です。 さて、今日のブログの投稿は私が1週間どうやって過ごしていたかの

記事を読む

お盆休みは名古屋を観光♪たまには京都観光以外の観光もいいですね♪

お盆休みは名古屋ですごしております。 以前3年ほど住んでいたことの有る名古屋。住んでいたのが1

記事を読む

京都みたらし団子食べ歩きツアー開催!あの名店の団子も

※冗談が通じない人はお読みにならないで下さい。  

京都ルーレットツアーに背後霊が!恐怖の心霊現象ツアー

よく漫才とかで、 「本日は会場にお越しいただいてありがとうござい

京都スイーツ会で、ついに記録更新が途切れる!

※この記事はデタラメに書いている箇所がありますので、冗談が通じる方のみ

動物園から脱走したゴリラが京都ルーレットツアーに参加!?

※冗談が通じる方のみお読みください。   地獄の

荒天でも骨折していても痛風でも京都スイーツ会に参加!

本日(2018年7月7日)は、スイーツを楽しむ会を開催しました!

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑