*

閉まっている和菓子屋さんの前でそのお店の和菓子を食べ歩き

公開日: : ガイドツアー

さて、これは一体なんでしょう?

1.貝合わせ 2.本物の蛤 3.和菓子 4.ただの貝殻

IMG_8127

正解は後ほど!

 

こんにちは。ことぶら田中です。

kotoburatana

 

本日(2017年5月14日)はガイドツアーの日でした。

IMG_8093

 

ガイド担当は京都アーバンホテル勤務の井出暁さん。京都検定1級ホルダーで京都観光おもてなしコンシェルジュです。

IMG_8098

 

そんな井出さんがシャッターが閉まっている和菓子屋さんの前でこんなものを出し始めました。

IMG_8103

 

これは、日曜日なので閉まっている和菓子屋さんの和菓子です。

IMG_8108

 

参加者の皆さんに配って。

IMG_8104

 

皆さんと一緒に美味しくいただきました。

IMG_8111

 

本日のこの不思議なツアーがどういうツアーだったかというと、閉まっている和菓子屋さんの前で閉まっているお店の和菓子を食べるツアーだったのです。

IMG_810845

 

有名なお店の前に行き。

IMG_8138

 

そこの和菓子を食べる!

IMG_8144

 

また次のお店に行き。

IMG_8154

 

そこの和菓子を食べる!

IMG_8156

 

和菓子ばかり食べて飽きて来たらポテトチップスで箸休めをします。

IMG_8151

 

こんなことを繰り返していると、当然こんなことも出て来ます。お店の前でタムロしていると。

IMG_8136

 

たまたまお店の人が外出のために出てこられました。

IMG_8136878

そして、奇妙な集団を見て不思議な顔をされます。当然ですよね?定休日だから売っていないはずの自分のところの和菓子を店先で食べている集団がいるのですから。

でも、笑顔で「ありがとうございます」と仰って去っていくあたり、さすがプロでした。

 

さて、そんな不思議なツアーですが、参加されたメンバーも不思議でした。ことぶらツアーは大抵の場合、常連さんが5割から6割程度いらっしゃるのですが、今回常連さんは2名だけだったのです。2名のうちの1名は、ことぶらでお馴染みのKさん

IMG_8115

 

もう1名は食べものがからむツアーにはしょっちゅう来られるソノさんです。

IMG_8134

 

今回、常連さんの割合は少なかったのですが、このお2人はとても個性的です。まずKさんはあるジンクスがあります。

IMG_8115

 

実は、Kさんがエントリーをしたツアーは集客がうまく行かないのです。そうKさんは「集客を減らす男」なのです。

IMG_811878

いつもKさんはツアーの告知をすると真っ先にエントリーをして下さるので、Kさんの名前を見た瞬間「ヤバイ!この企画はコケるカモ!」と思うのです。そこで、なぜKさんがエントリーをすると集まらないのかを分析してみました!

 

《Kさんがエントリーしたらなぜ集客が減るのか?徹底分析のコーナー》

(今までの傾向)

・田中が「この企画は面白い!」と思った企画ほどKさんの申し込率が高い

・田中が「この企画は面白い!」と思った企画ほどKさんのエントリースピードが早い

・先々までのラインナップで田中が「この企画は自信あり!」と思った企画にはほとんどエントリーして来られる

 

これらの傾向を分析して分かりました。どうやらKさんと僕は感性が似ているのです。そして、時折世間にはウケないようなことで同調しているのです。これを専門用語で「流行の先取り」といいます。

 

ともあれ、今回はそれなりの人数だったので暖かく見守られてました。

IMG_8149

 

そんなKさんがガイドの井出さんから手に何かをふりかけられています。

IMG_8113

 

実はこれ、金箔なのです。和菓子やポテトチップスの合間に、無味の金箔のテイスティングもしていたのですよ。

IMG_8114

 

アゴに金箔をつけながら気が付かずにツアーに参加され続けるKさん。その様子は僕のなかでツボでしたし、やはり感性が似ているようです。

IMG_8117

 

もう1人の常連さんのソノさんは、とにかく毎回ツアーに来ては、食べること食べること。

IMG_8134

 

今回も食べて。

IMG_8110

 

食べて。

IMG_8145

 

だらけて。

IMG_8169

 

食べて。

IMG_8162

こんな繰り返しでした。毎回ツアーに来ては「歩き疲れたー」とか「お腹減ったー」と、まるで親にデパートに連れてこられてダダをこねる子供みたいですが、この日は食べ続けていたので比較的おとなしかったです。

 

さて、和菓子を食べ続け、ポテトチップスを食べていると喉が渇きます。喉を潤すために周辺で湧いている名水を飲みに行きました。

IMG_8166

 

名水だけでなく、名所も訪れます。金色の鳥居が特徴的な御金神社(みかねじんじゃ)。

IMG_8163

実はこの鳥居の金箔はさきほどの金箔と提供元が同じなのです。井出さんのツアーには全て意味があるのです。

 

と、まぁ、こんな感じで京都の碁盤の目をブラブラと食べ歩きをしていたのです。さて、ここで冒頭のクイズの答えを申し上げましょう。

IMG_8127

 

もうお分かりですね?答えは和菓子です!

IMG_8131

 

京都市中京区にある亀屋則克(かめやのりかつ)さんの和菓子で、貝をあけると見事な和菓子が入っており、とても美味しかったです。

IMG_8133

 

数々のお店を食べ歩き、最後はオープンしている亀屋良長(かめやよしなが)さんにやってきました。

IMG_8167

 

スペースをお借りして。

IMG_8170

 

食べます。

IMG_8171

 

せっかくなので金箔をかけて。

IMG_8173

ということで、今日はタップリと歩き、タップリと和菓子を食べて盛りだくさんでした。今回ご参加頂いた皆様、ガイドの井出さん、ありがとうございました!

 

ところで、ぜんぜんどうでも良い話かも知れませんが、本日よりこのブログの右側に、人気記事ランキングトップ10というコーナーを設置しました。

rankinngu 

今日からアクセス数がカウントされるため、最初は少ないカウントかも知れませんが、どの記事が人気なのか僕自身も興味があるので、設置してみました。良かったら皆さんも動向をご覧くださいね!                

関連記事

東山区の浄土宗総本山知恩院 除夜の鐘試し撞きを見学ツアー開催!年内最後のツアーでした!

一昨日(2015年12月27日)は、ことぶらの年内最後のガイドツアーという事で、東山区に有る浄土宗の

記事を読む

集合している時、ガイドさんがラジオ出演!上賀茂神社の紀元祭ガイド開催!

本日(2015年2月11日)、上賀茂神社で紀元祭(きげんさい)が行われましたので、合わせてガイドツア

記事を読む

京都ランチの会と二条城ガイドツアーを同時開催!下京区アモーレ木屋町でイタリアン

昨日(2016年2月28日)は同日の同時刻に二条城ガイドツアーと京都ランチの会を同時開催しました。

記事を読む

参加者さんがくじ引きで決めた駅周辺の神社を参拝!月に一度の駅前参拝!初回はJR円町駅!

駅前留学では有りません。駅前参拝です。   いきなりですがこんにちは。ことぶら

記事を読む

千本釈迦堂大根焚き!のんびり歩いて今宮神社門前のあぶり餅を堪能!平日ガイド開催しました!

最近本当に曜日感覚が無いんですよね。 基本的に365日年中無休なので、仕事のスポットの時に1日

記事を読む

ルーレットを回して京都を練り歩くガイドツアー開催!今月はゴール出来たのか?

昨日、地下鉄の駅に、ことぶらのチラシが設置されているのを横目に見ながら、ルーレットガイドツアーの集合

記事を読む

京都の碁盤の目を練り歩くルーレットツアー開催!中京区から上京区へ!果たしてゴール出来たのか?

昨日(2016年2月14日)はこの日でした。 そう。ルーレットを回して京都の碁盤の目を

記事を読む

祇園祭、曳き初めのガイドツアー開催!鉾建を終えた鉾を引っ張りました!

さぁ!祇園祭が始まりました!と、言っても祇園祭は7月1日から始まっていて、一番の見どころである山鉾が

記事を読む

新年最初のツアーは東山区泉涌寺。年に一度の泉山七福神巡り!

2016年最初のことぶらツアーは本日(1月11日)開催。 京都東山区にある泉涌寺(せん

記事を読む

この時期に満開の桜ツアー!桜ミステリーツアーと桜餅ツアー開催

こんにちは。ことぶら田中です。 この前の土日(4/1と4/2)は桜見学ツアーを開催しま

記事を読む

閉まっている和菓子屋さんの前でそのお店の和菓子を食べ歩き

さて、これは一体なんでしょう? 1.貝合わせ 2.本物の蛤 3.

ルーレットツアー開催!&ことぶら結婚相談所立ち上げ!

こんにちは。ことぶら田中です。   知恩

超個性派ラジオディレクターが路線バスの経路をガイド!日常生活に密着したリアルな京都をご案内

ひょっとしたら既にスケジュールページをご覧になって見つけた人もいらっし

京都東山エリアで魔女が悪さ?ルーレットツアー開催しました!

あなたは和歌山県に1匹の魔女が存在することをご存知でしょうか?日本で唯

桜花賞よりも熾烈なレースが京都で開催されたのをご存知でしょうか?ハイハイレース出場

本日(2017年4月9日)は競馬のクラシックレースの1つである桜花賞(

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑